失った歯を補う治療

抜歯や歯が抜けたあと、ほおっておくと見た目が悪かったり、お食事が食べにくかったり、歯が傾斜してしまったりなど問題がある場合があります。その際は、それを補う必要がありますが、そのいくつかの方法をご案内します。実際には、いくつかの選択肢がある場合が多いのでそれぞれのメリット、デメリットをよくご理解して決めていただければと思います。このページは製作途中です。

ブリッジ

固定式(取り外しできない)の装置です。失った歯の前後に歯があるときにできます。あまりに多くの歯を失った場合は、その荷重に土台の歯が耐えられないためできない場合があります。入れ歯と比べ装着した違和感がすくなく、噛む力もあります。ただ、土台になる歯にかぶせものをつくらなければいけないので、ご自身の歯を削ることになります。

入れ歯

取り外し式の装置です。歯を失った本数が多くても対応できます。一本もない場合は、総入れ歯となり、バネをかかる歯がある場合は、部分入れ歯となります。ブリッジに比べ最初は違和感があります。

インプラント

当院では行っておりません。

歯牙移植

使っていない歯(親しらず)などを抜いて移植します。抜く歯と移植する歯の大きさや根の曲がり具合などで、できる場合とできない場合があります。