小児歯科

お子様のお口の健康は、養育者の方々の大きな関心ごとだと思います。歯科医院では、虫歯の予防や治療はもちろんのことですが、それぞれの発育段階においてチェックすべきことがあります。保護者の方の育児のお手伝いを行い、大切なお子様が健康に育つお手伝いができればと思っています。お子様のお口のなかのことで、不安や、お悩みがありましたら是非ご相談ください。

乳児のお子様

乳児期の前半は、おっぱいを吸う時期です。うまく舌や口を動かして吸えているかなどを見てあげてください。乳児期後半は、離乳期です。モグモグしたり、舌を使って食べ物を送り込み、ごっくんできているかみていきます。また、意思表示として発語できているかを見ます。虫歯菌の感染源は、お子様を養育している方です。お子様に接する方全員お口を清潔に保つことが大切です。あかちゃんの歯についた汚れは、水で濡らしたガーゼでやさしく拭きましょう。

幼児のお子様

子供の歯がたくさん生えているともいます。乳歯の数はは足りているか、かみ合わせはどうか、歯ぐきや粘膜はどうか、前歯で食べ物をかじれるか、奥歯ですりつぶして食べれるかをみます。転んで歯をぶつけたりすることもあります。その衝撃で歯が抜けたり、神経が死んでしまったりしますので要注意です。歯ブラシは、子供用と仕上げ磨き用をご用意ください。お子様は、自分できれいに磨けなくてもかまいません、ご家族で楽しくハミガキして、ハミガキを習慣化してください。また、食べ物や飲み物も要注意です。ジュースやお菓子はしっかり管理してあげてください。