歯周病治療

歯周病は、歯を失う二大疾患の一つです。歯周病が進むと、歯を失い、お食事する機能が失われ、最終的には全身的な健康にも悪影響を与えます。そしてギネスブックに「世界で最も蔓延している病気は歯周病である。」と書かれているほど、患者数の多い病気です。
この歯周病の主な原因は、プラークといわれる細菌の集まりです。進行した歯周病では、深い歯周ポケットを形成し、我々歯科医師や衛生士の器具でも溝の奥深くに生息する細菌を除去することが難しくなります。そのため、健康な状態を維持する、もしくは、軽度の歯周病の段階で治療を行うことが大切です。

  • 歯茎から出血する。
  • 歯茎が腫れている
  • 口臭がする
  • 噛むと痛い歯がある
  • 歯が少し長くなった

など気になることがありましたら、早めに歯科医院へ受診しましょう。また、ハミガキなどの使用方法を習ったことのない方は症状がなくてぜひ歯科医院で練習しましょう!症状がひどい方も少しでも早く治療することで残せる歯がある場合もあります。あきらめずに相談してください。

歯周病の治療をしたが、歯科医院に通院をやめらたらまた再発したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。重度の歯周病の方が手術などして頑張って治しても歯科医院でのメンテナンスに定期的に行かなかった場合、メンテナンスしていたグループより3~5倍再発するという論文があります。他にも、メンテナンスが行われないのであれば、治療しないほうが結果がいいという論文まであります。1970年の後半から、このような報告はされており、日本でもだんだんメンテナンスのため通院される方が増えてきました。当院に来られた患者さんが、歯を失うリスクをできるだけ抑え、いつまでも健康的な生活が送れるようにメンテナンスプログラムをご用意しております。