漢方薬

「漢方薬」の中には、歯科口腔領域でも使用できるものがあります。口内炎や口腔乾燥症、歯周病、抜歯後疼痛に対して処方されます。漢方薬は、植物の種や根、葉などから有効成分を抽出した生薬を複数組み合わせてつくられています。効果は、マイルドですが副作用も少ないのが特長です。また、日本では古くからの歴史があり、その効果は最近の研究でも明らかになっています。ご興味があるかたは、ぜひご相談ください。

こんな症状に効果があります

  • 歯の痛み
  • 歯周炎
  • 口腔乾燥症
  • 口内炎

漢方薬の服用方法

西洋薬は、食後に飲むことが多いですが、漢方薬は原則として空腹時に服用します。吸収が早く効果を高めるためです。また、お湯での服用をオススメします。副作用が少なくマイルドな漢方薬ですが、アレルギーや胃腸症状が出る場合もありますので量や種類を調整し処方いたします。

健康保険適用される漢方薬

当院では以下の7処方を健康保険適用し処方しています。

  • 立効散
  • 半夏瀉心湯
  • 黄連湯
  • 茵蔯蒿湯
  • 五苓散
  • 白虎化人参湯
  • 排膿散及湯