虫歯とは、歯についた細菌から産出された酸によって歯が解けておこります。なぜ細菌は、酸をだすのでしょうか。ある種の細菌は、食べ物の中の糖類を利用して酸を酸性します。砂糖は保存料として用いられるほど、細菌は糖レベル高い環境では生息しにくいはずなのですが、ある種の細菌はそれを素早く分解し酸を出すことで生き抜いているのです。

この糖類と酸によって、酸をだしている細菌以外はあまり住みやすい環境ではなくなり、糖を餌にして酸に強い細菌ばかりがお口のなかで繁殖するようになりあす。その結果、食事をしたあと酸性に傾きやすい状態になり、虫歯ができやすくなってしまいます。つまり、虫歯ができ穴ぼこができたらか、歯医者で詰めてもらえば終わり!ということにはなりません。なぜなら、このような環境を変えなければまたすぐに虫歯になってしまうからです。環境を変えるにはどのようなことに気をつければよいでしょうか。

  • 食事の内容
  • 食事の頻度
  • 唾液の量や成分
  • フッ化物を使用しているか
  • プラーク

このようなことがあげられます。食事に関しては、やはり砂糖の主成分であるスクロースは虫歯になりやすです。お菓子やジャムやドレッシング、ジュースなどさまざまな食べ物に入っています。また、ポテトチップスのような、デンプンを多く含み歯に一部がくっついているようなお菓子もリスクが高い食べ物にあげられます。リスクを下げる食べ物としては、チーズがあげられます。リーズに含まれる成分が、細菌が歯の面につくことを邪魔します。虫歯になりやすいと感じる方は、ぜひ、食生活やハミガキの習慣など一緒に見直してみましょう。